<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

蘭山記念美術館

a0105566_2243723.jpg


 蘭山記念美術館は、川越ゆかりの絵師・舩津蘭山の作品(下絵・画稿)を紹介する美術館です。自然風物をテーマにした蘭山の作品には、豊かな文化性と感性がしのばれます。まもなく舩津蘭山生誕200年です。蔵作りの町並みにあります。

a0105566_22455746.jpg

[PR]

by assazy | 2007-10-31 22:46 | 美術館

街灯・かすみ商店会

 
a0105566_22514891.jpg


東武東上線霞ヶ関駅近く、かすみ商店会の街灯です。
[PR]

by assazy | 2007-10-30 22:52 | 街灯

養寿院

a0105566_7512516.jpg


 曹洞宗の寺の養寿院です。ここ養寿院には、河越太郎重頼の墓があります。(河越太郎重頼は、源義経の正室の実父です。)
 菓子屋横丁の南側、美しい寺院です。

a0105566_7515374.jpg

[PR]

by assazy | 2007-10-29 07:51 | お寺

行傳寺

a0105566_832116.jpg


 蔵作り一番街の西側の通りにある「行傳寺」です。よく手入れされたお庭がきれいです。本堂の正面の龍の彫刻が見事で素晴らしいです。明るい雰囲気のお寺です。

a0105566_834457.jpg

[PR]

by assazy | 2007-10-28 15:13 | お寺

街灯・仲原商店会

a0105566_1312661.jpg


 中原町の街灯です。
[PR]

by assazy | 2007-10-27 13:02 | 街灯

川越城本丸御殿

a0105566_2239356.jpg


 川越城は、扇谷上杉持朝(もちとも)が、長禄元年(1457)に家臣の太田道真(資清)・道灌(資長)父子に命じて築城したものです。
 川越城本丸御殿は、嘉永元年(1848)に時の藩主松平斉典(なりつね)が造営したもので、16棟、1025坪の規模をもっていましたが、明治維新後次第に解体されていきました。現存しているのは玄関部分と、移築復元された家老詰所のみです。 

a0105566_1744969.jpg

[PR]

by assazy | 2007-10-26 22:44 | 建物

菓子屋横丁

 
a0105566_2341431.jpg


 菓子屋横丁界隈では、明治初期から菓子製造を始めて、関東大震災後は、被害を受けた東京に代わって駄菓子を製造供給するようになり、昭和初期には70軒ほどが軒を連ねていたそうです。現在は幅5mほどの石畳の道に10数軒がこじんまり連なっています。横丁の懐かしい風景です。手作り飴やイモ菓子、ふ菓子などの駄菓子が人気です。平成13年度には、環境省の「かおり風景100選」に選ばれています。
[PR]

by assazy | 2007-10-25 23:10 | 散歩

ねこが居る風景

a0105566_1444223.jpg


 幸町一番街の西側、長喜院近くの風景。ねこが似合う街です。

a0105566_1452729.jpg

[PR]

by assazy | 2007-10-24 14:56 | 散歩

小川菊

a0105566_1556391.jpg


 創業から200年、七代目といううなぎの老舗です。
 『小川菊』の建物は大正13、4年に建てられた珍しい3階建て。上の階に行くにつれて道路から後退するように出来ていて、川越市の「都市景観重要建築物等」にも指定されています。美しい建物です。歴史的にも貴重な建物ですが、それと同じくらい価値のある鰻の名店です。大正浪漫どおりにあります。
[PR]

by assazy | 2007-10-23 16:08 | 建物

三芳野神社

a0105566_13341979.jpg


 三芳野神社は、童謡「とうりゃんせ」発祥の地といわれています。、川越城の鎮守として、寛永元年(1624)時の城主酒井忠勝のよって再建されたといわれており、権現造りの社殿は、名前の由来となった「三芳野天神縁起絵巻」とともに市の指定文化財になっています。
 
a0105566_13384131.jpg

[PR]

by assazy | 2007-10-22 13:39 | 神社