伊勢源

 「伊勢源」さんは、明治時代から続く、由緒ある酒屋さんです。手入れの行き届いた建物は、風格と存在感があります。一歩お店に足を入れると、ひんやりとした空気と、懐かしい味噌の香りに包まれます。入ってすぐのところに、味噌の樽が並んでいます。おかみさんに、甘口の味噌が欲しいことを伝えると、会津甘糀味噌を勧めてくれたので、1kg買ってきました。ビニール袋に入れてもらった味噌を、家に帰ってから容器に入れ替えたのですが、エコな感じもいいと思いました。
 「伊勢源」さんでは、埼玉のお酒や、大人気のCOEDOビールも揃えています。女性にも、男性にも喜ばれるお店だと思います。

a0105566_2064046.jpg

[PR]

# by assazy | 2007-08-25 13:47 | お土産

義経と郷姫 

 
 あまり知られていないことなのですが、源義経の正妻は川越出身なのです。華やかな静御前は有名ですが、河越重頼の娘郷姫(さとひめ)は、義経の娘を産み、奥州衣川で義経と共に最後を遂げた女性なのです。私もこの本を読むまで知らないことでした。
 入間川左岸に接する現在の河越館跡には、常楽寺があります。館跡からは、中国製の白磁や青磁の破片など、たくさんのものが出土されたそうです。常楽寺の一角に、河越館址碑があり、土塁と堀跡を見ることが出来ます。のどかで、四季を感じることの出来る所です。
 郷姫は、河越館や、慣れ親しんだ、入間川の風景を思い出したのでしょうか。川越市街からは少し離れますが、この本を読んで、遠い昔に思いをはせるのも良いと思います。
 「義経と郷姫 悲恋柚香菊 河越御前物語」 篠綾子著、角川書店出版、定価1,575円です。

a0105566_174445.jpg

[PR]

# by assazy | 2007-08-23 17:11 |

川越菓匠 くらづくり本舗 「べにあかくん」

 「九里(栗)よりうまい十三里半」、焼き芋屋さんの定番宣伝文句にあるように、さつま芋の産地である川越にはさつま芋を使ったお菓子がたくさんあります。スウィートポテトのようなお菓子の中で、川越菓匠 ・くらづくり本舗の「べにあかくん」が一番のお勧めです。さつま芋とたっぷりのバター、生クリームのバランスがいいです。ねっとりとした舌触りで、緑茶はもちろん、コーヒーにもよく合います。先日、お土産に持っていったところ、高校生のお嬢さんに大人気でした。お店は川越市街では、川越駅東口アトレ地下1階、川越市駅前、丸広百貨店本店斜め前、ぺぺ1階、喜多院近く、蔵作りの町並みにもあります。
a0105566_10271664.jpg

[PR]

# by assazy | 2007-08-22 10:28 | お土産

パン工房 とーくん

a0105566_17444943.jpg


「パン工房 とーくん」のパンは、絶品です。素材にこだわって、ひとつひとつ丁寧にこしらえているからでしょうね、美味しくて、ほ~っとする味です。くるみパンが私のイチオシなのですが、今日はまだ出来ていませんでした。9時開店で、売切れ次第閉店です。開店してからも、続々とパンが焼けてくるので、行った時に必ずお目当てのパンがあるとは限りませんが、いろいろ種類があるので食べたことのないパンを買ってみるの楽しみです。というわけで、今日は、クリームパン、カレーパン、カマンベールチーズパン、黒ゴマパン、レーズンパン(名前は曖昧です、ゴメンナサイ)をいただきました。どれも、期待通りでした。お店の場所は、川越駅東口、アトレとモディの間の道を東に行って、2番目の信号(三番町)を左に少し行くと左手にあります。

a0105566_17442868.jpg

[PR]

# by assazy | 2007-08-21 16:46 | グルメ

菓匠・右門 「いも恋」


 川越のお土産でおすすめしたいのが、菓匠・右門の「いも恋」です。モチモチした生地と、ホックリしたさつま芋、甘さを抑えたつぶ餡が絶妙です。そのままでもいただけますが、電子レンジか蒸し器で温めて召し上がるとおいしいです。お店は蔵作りの町並みに1軒と、時の鐘の隣に1軒あるのでわかりやすいと思います。友人や親戚へのお土産にして、とても喜ばれる一品です。ぜひ、お試しください。
a0105566_1773477.jpg

[PR]

# by assazy | 2007-08-20 17:08 | お土産